阪大外語卒TSが教える!楽しく合格る英語学習法♬

阪大に独学で合格した経験をもとに、英語の学習法についてお伝えします!

阪大の英語は難しい?阪大外国語学部卒のTSと楽しく対策しよう②長文読解

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

阪大受験生の不安を取り除くべく、今回も阪大英語の対策記事を更新します!

 

前回大問1の英文和訳を扱ったので、今回は長文読解を見ていきましょう♪( ´▽`)

 

なお、阪大英語のそもそもの部分や前回記事は下のリンクより確認してくださいね!

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

Ⅱ 長文読解

①概要

f:id:tsbaseba11:20211012141915j:image

長文読解は、外国語学部とそれ以外の学部で別の問題が出題されます!

 

ここではそれぞれの概要を見ていきましょう!

 

①−1外国語学部の英語

超長文かつ難解であり、大学受験英語としてはかなりレベルの高い問題です。

 

外国語学部としては国内最高峰である阪大外語にふさわしい問題とも言えますね。

 

問題冊子3ページ程度の難解な文を読んだうえ、全問題に日本語で記述して答える必要があるため、英語力はもちろん、高い日本語力も要求されます。

 

大学受験サイトなどでは「他学部と同様の対策で問題ない」などと無責任な記述をしている場合がありますが、そんな訳ありません。

 

具体的な勉強法は後述しますが、かなりレベルの高い勉強をする必要があります。

 

①−2外国語学部以外の英語

和訳問題や論述問題もありますが、穴埋め問題などの記号回答式問題もあるため外国語学部に比べるとかなり平易です。

 

全体としては国公立標準〜やや難くらいなので、基本的な勉強をしていれば十分合格ラインに達することができますよ!

 

②目標得点率

f:id:tsbaseba11:20211012141925j:image

これについても外語とそれ以外に分けて考えましょう。

 

②−1外国語学部の英語

毎年難易度差があるため一概には言えませんが、自己採点で5割取れたら合格ライン、6割取れたら上出来といったとこでしょうか。

 

実際の点数は自己採点より低くなることが多いですが、TSが受験した際の印象として、難易度によって大問ごとの配点を変えているのではないかと考えています。

 

単純な和訳問題については8割程度の得点率を目指し、理由説明問題などの論述問題については部分点狙いで半分くらい取れれば十分ですよ!

 

②−2外国語学部以外の英語

先述の通り、決して難しくないので7割くらいは取っておきたいところですね。

 

5割くらいでも他の教科次第では合格できますが、大学入学後に英語論文を読む際に苦労するのでしっかり勉強しておきましょう。

 

③目標回答時間

f:id:tsbaseba11:20211012141931j:image

これについても問題別に考えます。

 

③−1外国語学部の英語

長文以外の問題を先に片付けたうえで、50分〜60分かけてじっくり取り組みたいところです。

 

外国語学部の英語を速読で読み取るなんて甘い考えではいけません。

 

精読したうえでじっくり解答できるよう、他の問題がスピーディーに解けるくらいの英語力を身につけていきましょう。

 

③−2外国語学部以外の英語

こちらは速読で十分読解可能なレベルですので、15分〜20分くらいで解き切ってしまいたいところですね。

 

他の問題の見直し時間も確保したいため、できれば10分台が理想ですね。

 

④対策法

これについても、外国語学部とそれ以外でかなり内容に差があります。

 

このため、最初に《共通の対策法》をお伝えしたうえで《外語英語の対策法》を述べようと思います。

 

《共通の対策法》

f:id:tsbaseba11:20211012142012j:image

(1)灘高キムタツの国公立大学英語リーディング 超難関大学編

国公立トップクラスの英語力をつけるうえで必須の教材です。

 

17題ほど掲載されているのですが、解くことよりも「CDを用いて音読する」ことが大切です!

 

問題を解いて解説を読み、単語や文法を定着させるところまでは当然として、CDを使ってとにかく何度も何度も音読してください!

 

それもただ音読するのではなく、音を徹底的に真似ながら最低でも20回は音読しましょう!

 

これをこなせば速読力だけでなくリスニング力も養えるので、キツイですが妥協せずにやっていきましょう。

灘高キムタツの国立大学英語リーディング超難関大学編 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

(2)阪大英語・九大英語

阪大の問題に比較的近い大学として九州大学が挙げられます。

 

阪大の過去問をやり込む前に九州大学の英語をひととおり終わらせておくと、単語力や読解力を身につけたうえで阪大対策に移れるのでオススメですよ♪( ´▽`)

 

また、阪大英語については時間や和訳のわかりやすさを追求しながら問題を解き、長文中に出てきた単語やイディオムは全て覚え切るようにしましょう!

 

これくらいやると、単語帳を使った勉強がいかに無駄かがわかってきますよ(笑)

阪大の英語20カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

九大の英語15カ年[第7版] (難関校過去問シリーズ)

(3)Z会の英語

決してZ会の回し者ではありませんが、Z会は絶対にやったほうがいいです!

 

阪大英語コースではどちらかといえば外国語学部以外のレベルにあった問題が扱われているため、外国語学部以外を受験する場合は阪大英語コース1択ですよ!

 

外国語学部を志望する場合には、京大英語コースを受講してよりハイレベルな対策をしましょうね♪( ´▽`)

 

難関大学の受験対策なら Z会の通信教育 をクリックして無料で資料請求してみてくださいな!

 

 

共通しての勉強はこんな感じです。

 

ここからは、外国語学部を目指すうえで取り組みたい教材をお伝えします!

 

《外国語学部の対策法》

f:id:tsbaseba11:20211012142021j:image

(4)東京大学教養英語読本Ⅰ・Ⅱ

東京大学の教養課程で使用されているテキストですが、英文の質はさすがとしか言えません!

 

これら2冊のテキストを時間をかけてじっくり読み、知らない単語はもちろん背景知識なども調べることで英語の総合力を圧倒的に高めることができます!

 

TSはこのテキストを受験生時代に読みましたが、内容が素晴らしすぎたため家庭教師の授業はもちろん、今でも英語を勉強する際に読み直しています(о´∀`о)

 

レベルは決して低くない教材ですが、英文を味わいながら楽しく読みましょう!

東京大学教養英語読本I

東京大学教養英語読本II

(5)The Universe of English

東京大学教養英語読本と同じく、かつて東大で使用されていた教材です。

 

やや古いテキストですが、英文の質は素晴らしいとしか言えません!

 

時間があれば取り組みたい教材ですね♪( ´▽`)

The Universe of English

 

詳細は以下記事でも紹介しています♪( ´▽`)

enjoyenglishts.com

 

(6)英字新聞

これも外国語学部受験にはもってこいの教材です!

 

いきなり本場の英字新聞を読むのは大変なので、ジャパンタイムズの週刊英語学習誌を用いてレベルの高い英文を多読することをオススメします!

 

受験会場で英字新聞を広げることで周りを威圧することもできるので一石二鳥ですね(笑)

 

TSも学生時代に英字新聞を読んでいましたが、参考書とは違った生の英語に触れることで得られる知識は素晴らしいものだったと考えています。

 

毎月1,000円ちょっとで読めるので、ぜひ取り組んでみてくださいね!

 

ニュースで学ぶ、生きた英語。「The Japan Times Alpha」

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

ここまで勉強すれば阪大外語はもちろん、英検1級にも対応できるほどの英語力を身につけることができます!

 

各予備校での模試はレベルも質も圧倒的に低いので、ここで紹介したようなハイクオリティ教材を使いながら効率よく勉強してくださいね!!

 

では、次回は大問3で出題される自由英作文について扱いますね♪( ´▽`)

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

阪大の英語は難しい?阪大外国語学部卒のTSと楽しく対策しよう①和文英訳

f:id:tsbaseba11:20211015193735p:plain

こんにちは!阪大外語卒のTSです♪( ´▽`)

 

当ブログではこれまで、阪大に合格することを目標とした英語学習法を具体的にご紹介してきました!

 

せっかくなので、今回からは大問ごとの難易度や目標得点率、目標解答時間などを紹介できればと思います♪( ´▽`)

 

阪大英語に特化した内容にしようと思いますので、受験予定の方はぜひ参考にしてくださいね!

 

なお、阪大英語のイロハの部分については下記にて紹介しているのでご確認をお願いします!

enjoyenglishts.com

 

Ⅰ 英文和訳

①概要

f:id:tsbaseba11:20211012114713j:image

第1問では英文和訳が出題されます。

 

この問題については学部間での問題差はないため、阪大受験生ならみんな同じ問題を解くことになります。

 

このことからも分かるように、外国語学部に特化した内容ではないので難易度は標準的です。

 

②目標得点率

阪大英語では各大問の配点が公開されていないため、ここでは得点率を採用します。

 

概要でも述べたとおり、英文和訳は大学受験標準レベルの問題である場合が多いため、少なくとも6割は取っておきたいところです。

 

外国語学部を目指す場合、ここで8〜9割程度を取っておくと楽になりますよ!

 

阪大の英文和訳については対策としてやることがある程度決まっているので、それらを淡々とこなせば十分合格ラインに乗せることができます(対策法については後述しますね)

 

③目標解答時間

f:id:tsbaseba11:20211012114841j:image

基本的に英文和訳の問題は2題出題されるのですが、それぞれを7分程度で解答できればいいペースです。

 

見直しも含めて、第1問には15分程度かけて取り組むといいでしょう!

 

④対策法

f:id:tsbaseba11:20211012114829j:image

阪大の英文和訳の場合、以下で紹介する勉強を行えば確実に合格ラインに乗せることができます!

 

それほど高い教材は使用していないため、積極的に使ってみましょう♪( ´▽`)

 

(1)英文熟考(上・下)

 

当ブログで何度も紹介している超優良参考書です!

 

この参考書をしっかりやり込めば、大学受験の英語で困ることは無くなります

 

上巻・下巻ともに英文が70本ほど掲載されているので、印刷してノートに貼って辞書を使いながら和訳、その後解説をしっかり読んで要点をまとめるといった作業を行うと最高ですよ(о´∀`о)

 

英文熟考については、「友達にどこを質問されても明確に解答可能」なレベルになるまでやりこんでください!

 

具体的な使い方や購入必須の電子辞書については以下記事にまとめているのでご確認くださいね♪

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

(2)京大の英語27か年

 

阪大を受験する場合、京大英語の過去問はマストです!!

 

なんなら阪大の過去問より大切です!!!

 

英文熟考を上で紹介したレベルまで使い込んだ後は、京大英語の過去問を用いて和訳力と単語力、そして速読力を養っていきましょう。

 

これもノートに英文を貼って和訳したあと解説を読んで復習、最後に知らなかった単語の意味をまとめるといった勉強をすると効率よく学習できますよ!

 

具体的には以下記事をご覧くださいな♪( ´▽`)

 

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

(3)Z会の英語

英文熟考と京大英語を用いたインプット・アウトプットと並行して、Z会の添削課題を解きましょう!

 

自分自身で採点するとどうしても甘くつけてしまうため、Z会の添削者に客観的に確認してもらうことで、1人では分からなかった課題を見つけられますよ♪( ´▽`)

 

なお、外国語学部を志望する場合には「京大英語コース」、外国語学部以外を志望する場合には「阪大英語コース」の履修をオススメします!

 

TSも受験生時代に使ってとても役に立ったので、資料請求はこちら を押して無料で資料請求してくださいね♪( ´▽`)

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

阪大の英文和訳については、ここで紹介したものをこなせば確実に合格ラインを目指せますよ!

 

高1や高2でまだ基礎力がついていない場合でもここで紹介した内容をこなしながら力をつけていけばいいですが、不安な場合には以下記事で紹介した内容から取り組んでみてはいかがでしょうか?

enjoyenglishts.com

 

では、次回は大問2で出題される長文読解について扱いますね♪( ´▽`)

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

受験まで何すればいい?具体的に学ぶオススメのスケジュール(国公立特訓期編)

f:id:tsbaseba11:20211012221306p:plain

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

これまでの記事で共通テストまでの勉強スケジュールをみてきました。

※まだ読んでいない方は是非以下の記事を読んでくださいね!

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

今回は勉強スケジュール編の最終回として、共通テストが終わってから 2次試験までの勉強スケジュールをお伝えします。

 

なお、共通テスト利用入試の方はお疲れ様でした、バイトして卒業旅行代を貯めましょうね笑

 

では、最終回スタートです♪( ´▽`)

 

 

国公立特訓期

f:id:tsbaseba11:20211012195449j:plain

共通テスト 2日目が終わったあとは、とりあえず自己採点をしましょう。

 

いい感じやった人も伸び悩んだ人もいるかと思いますが、終わったことは気にせず前を向きましょう。

 

各予備校が行なっている志望校合格可能性判定システムを使って現状の立ち位置を客観的に確認して最終的な志望校を決め、それに向けて気持ちを作っていくことが大切です。

 

 

また、共通テストが終わったあとに大切なことはもう1つあります。

 

それは、、、いっかい休むことです。

 

「 2次試験まで時間がない!休んでいられない!」と感じるでしょうが、以前もお伝えしたとおり、受験は長期戦です。

 

最後まで確実に走り抜くためにも、1日か 2日ほど完全休養にあてて一度緊張を解き放ち、スッキリした状態で 2次対策を再開しましょう!

 

ちなみに、TSの場合は共通テスト終わりにカラオケで友達と騒ぎ、翌日は完全オフにしていました。

 

また、基本的に日曜日は軽めの勉強にとどめ、1月2月もマイペースに勉強することでストレスなく、そして効率よく勉強していました♪( ´▽`)

 

マイペースを保つことは大切です!のーっんびりいきましょう!

 

 

では、ここからは 2次試験に向けた勉強スケジュールを見ていきましょう。

 

国公立の場合には国数英の3科目が必修となっているパターンが多いかと思いますのでこれらを中心にご紹介します(阪大外語に世界史受験される方、、、がんばってね(`・ω・´))

 

 

英語

f:id:tsbaseba11:20211012160016j:plain

英検準1級の力をつけたうえで『英文熟考』や『キムタツシリーズ』を解き、さらには英作文の対策をしてきたあなたには十分な英語力が身についています。

 

あとは志望校の過去問を解きつつ、今まで使った教材の復習に時間をあてましょう。

 

どこの大学であれ、『英文熟考』などで学んだことをベースに解けば確実に合格点が取れます。

 

新しいことをやるのではなく、過去問と復習を大切にしていきましょう

 

なお、阪大外語を受ける場合は以下のリンクを参考にしてくださいね♪( ´▽`)

enjoyenglishts.com

 

 

数学

f:id:tsbaseba11:20211012153413j:plain

英語と同じく、過去問を解きながら青チャートやプラチカの復習をしていきましょう。

 

また、この時期に「数学で習う公式や定理の証明」をひととおりしておくことで、全分野満遍なく復習できるのでとてもオススメです!

 

過去問以外には新しいことをせず、復習に力を入れていきましょう(*´∇`*)

 

 

国語

f:id:tsbaseba11:20211012114829j:plain

過去問とZ会をベースに復習していきましょう。

「わかりやすい文章を書く・伝わる文章を書く」ことだけは常に考えておきましょうね!

 

時間が持て余して仕方ない場合には感じの問題集を解いたり古文単語の復習をしたりするといい具合に時間が潰せていいかもしれません。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

この時期にやることは「過去問演習」と「今までの総復習」につきます。

 

受験直前に新しいことをせざるを得ない状況にならぬよう、早いうちから計画的に勉強しましょうね。

 

 

ということで、3年間のスケジュール編はこれにて終了になります。

 

「こんなことまとめてよ!」や「この辺もっと詳しく」といったご要望があればお気軽にコメントくださいね!

 

 

TSとしては、電子書籍の出版に向けて過去ブログの内容をまとめていければと考えております(о´∀`о)

 

Kindle Unlimitedで無料で読めるように設定しようと思いますので、出版したらよかったら読んでみてくださいね(出版いつになることやら、、、笑)

 

ちなみに、、、Kindle Unlimitedは以下バナーより1ヶ月無料で試せるのでご興味あればどうそ♪( ´▽`)

それでは!今回もお読みいただきありがとうございました!

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

受験まで何すればいい?具体的に学ぶオススメのスケジュール(受験本番期編)

f:id:tsbaseba11:20211010224609p:plain

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

これまで3回に分けて、高1から高3夏休みまでのスケジュールを詳しく見てきました。

未確認の方は是非以下リンクよりご覧くださいね♪( ´▽`)

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

ということで、今回は夏休み明けから共通テスト本番までのスケジュールをご紹介します!

 

なお、ここでのスケジュールは阪大レベルの大学まで対応できるようなものになっており、共通テストはサクッと8割を超えるくらいの内容で紹介しています。

 

そのため、共通テスト勝負の大学を受ける場合にはここでの説明内容より多めに共通テスト対策の時間を割いてくださいね。

 

では、さっそく見ていきましょう(о´∀`о)

 

受験本番期

f:id:tsbaseba11:20211012195449j:image

前回までにご紹介した内容をベースにしていれば、共通テスト・国公立 2次試験に対応するうえでの土台の部分は十分出来上がっています。

 

簡単に書いているものの、現役生でこの時期にここまで持って来られれば間違いなく上位10%には入っています。

 

これからも自信を持って勉強していきましょう。

 

夏休み明けからの勉強は、おおむね以下のスケジュールをベースに進めていくことをオススメします。

 

 

英語

f:id:tsbaseba11:20211012195502j:image

英検準1級に対応できる力がついていれば、ここからは実践力に磨きをかけていければOKです。

 

前回紹介した『英文熟考』や『キムタツシリーズ』をベースに英文解釈力、速読力、リスニング力を鍛えていきましょう。

 

これに加えて、『東京大学教養英語読本』や『The Universe of English 』といった一般向けの内容の濃い読み物をじっくり味わいながら読むことで英語を読むうえでの背景知識を増やしつつ、これまで培ってきた英語力に磨きをかけていければ最高です。

 

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

 

また、国公立大学の場合は英文和訳や自由英作文が出題されることが多いので、遅くとも9月くらいからは本格的な対策を始めていきましょう。

 

具体的な参考書や勉強法は以下の記事に譲りますが、「和文英訳の日本語をとにかく簡単な日本語に解釈し直すこと」と「簡単な文法や単語を使って確実な文章を書くこと」が英作文ではくっそ大事になってくるので常に意識し勉強しましょう。

 

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

共通テスト対策としては、過去問が少ないためセンター英語の過去問を購入して少なくとも10年分の本試験を解きましょう

 

模試は解かなくてOKです(クオリティが違いすぎます)、過去問に入る時期については10月くらいからがちょうどいいでしょう。

 

なお、センター試験や共通テストを「簡単!」となめていると痛い目に遭うので、「クッソ良問」であることを念頭に置いてしっかり勉強しましょう。

 

「解けたからOK」ではなく、家庭教師をしている想定で「生徒にどうやって教えるか」を意識しながら細かく復習することで満点近くをとる力が養われますよ(具体的には以下記事をご覧ください

 

enjoyenglishts.com

 

数学

f:id:tsbaseba11:20211012195502j:image

夏休みから始めたプラチカをどんどん解き進めていきましょう。

 

いろんな問題集に浮気したくなるかもしれませんが、数学は青チャートとプラチカがあれば十分です。

 

これらを使って内容の濃い勉強を進めていきましょう。

 

共通テスト対策については、10月くらいから河合マーク模試の過去問をかるく解き始め、12月からはセンター過去問演習を本格化させていけば間に合いますよ!

 

プラチカの使い方や共通テスト数学対策の具体的な勉強方法は以下リンクをご確認くださいね!

 

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

国語

f:id:tsbaseba11:20211012195535j:image

最初にお伝えしたとおり、国語は勉強時間に比例して成績が伸びる教科ではありません。

 

自身の課題と伸びる可能性を客観的に分析し、必要な勉強のみを過不足なく行うようにしましょう。

 

阪大などの国公立受験の場合、過去問やZ会の添削問題を解いたあとに解説をもとに詳しく分析していくことで最低限の力は身につきますよ!

Z会の無料資料請求は以下からどうぞ!

幼児から高校生まで。Z会の資料請求受付中!

 

共通テスト対策としては、11月くらいからセンターの過去問を解いていくようにしましょう。

 

ここでのオススメの勉強法は「解説にツッコミを入れる」です!

 

赤本や黒本の解説を読んでただただ納得するのではなく、「ほんまにそれでいいん?」や「それなら設問のこの部分いらんくね?」など、とにかくツッコミを入れていきます。

 

TSの場合はこれが 2次試験の国語対策にも役立ったため、よかったら試してみてくださいね!

 

 

理科・社会

f:id:tsbaseba11:20211012195550j:image

どの程度の点数を狙うかによりますが、満点近くを狙いたければ9月くらいから勉強を本格化させていきましょう。

 

これも共通テストの過去問はほぼないため、センターの過去問や河合・駿台の模試を使って力を伸ばしていければOKです。

 

9割狙いの場合は、同じような流れで9月末くらいから対策を始めていきましょう。

 

ここでもいろんな教材を使いたくなりますが、教科書や資料集を辞書がわりにして問題を解き、教科書の該当箇所に線をひいたり書き込んだりすることで頻出分野が一目でわかる自分専用の参考書を作ることができてオススメです!

 

なお、8割狙いの場合は12月からで(最悪本番直前の1週間で)なんとかなります。

 

TSの場合、学校で世界史を履修していたものの苦手すぎたため直前に日本史受験に変更しました。

 

どうせ勉強しまくっても高得点はとれないと分析していたことからセンター直前1週間だけ勉強し、なんとか8割手前取ることができました。

 

客観的に分析し、必要な勉強に必要な時間だけかけるようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

こんな感じで勉強をすれば、国公立対策を効率よく進めながら共通テスト8割が目指せます。

 

12月や1月は共通テスト対策1本に絞ってしまいがちですが、共テ: 2次=7:3くらいで勉強できれば共通テスト終了後の2次対策にスムーズにうつれますよ。

 

今回はこんな感じにして、次回は 2次試験までのスケジュールをご紹介します!

 

大変な時期ではありますが、最後まで頑張っていきましょう!!

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

受験まで何すればいい?具体的に学ぶオススメのスケジュール(高3夏休み編)

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

前回までのブログで、夏休みに突入する前までの具体的な勉強スケジュールをお伝えしました。

※未読の方は以下からどうぞ!

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

ということで、今回は夏休みのスケジュールを色々とお伝えします。

 

 

なお、このブログでのスケジュールや勉強内容は「阪大レベルへの合格」を想定しており、共通テストでは8割程度をサクッと取ることを目標としています。

 

阪大レベルまでなら基本的に参考にしてもらえるかと思いますが、「同志社にセンター利用で合格する!」や「鈴木光ちゃんみたいに東大に推薦で入りたいよ!」って方はぜひ鈴木光さんの本を参考にしてくださいね(笑)

 

ちなみに、、、TSは鈴木光さんを全力で尊敬しています。本当にすごいですよねあの方。

 

それでは、共通テストまでのスケジュールを見ていきましょう!

 

受験本番期

f:id:tsbaseba11:20211012195535j:plain

多くの部活では、この時期くらいに引退を迎えるかと思います(甲子園出場される方は頑張ってください)

 

部活をやっている間は勉強時間を確保するのが大変だったかと思いますが、引退後は比較的時間ができます。

 

そのため、この時期に以下のようなことを真剣に考える時間を作りましょう。

 

なぜ志望校に行きたいのか

f:id:tsbaseba11:20211012160047j:plain

→例えば「英語を勉強したいから阪大外語に入りたい!」としましょう。

 

 その場合、阪大のHPや先輩の声を参考にして、大学でどのような勉強ができるのかをしっかり確認しておきましょう。

 

 現在はコロナの関係でなかなか厳しいかもしれませんが、実際にキャンパス内を散策したり学生に話しかけたりすることで入学後の生活がかなりリアルに浮かび上がってきます。

 

 夏休みから共通テストまではまだ半年近くあり、モチベーションを保つための「なにか」がないと途中でバテてしまいます。

 

 長期戦に向け、モチベーションを保つ「なにか」をしっかりみつけましょう

 

志望校に合格するうえでどの程度の力が必要か

f:id:tsbaseba11:20211012153406j:plain

→赤本やHPをみると合格最低点がわかるので、これと配点を参考にして合計でどれくらいの点数が必要か、そのためにはどんな力が必要かをしっかり考えましょう。

 

 例えば阪大外語の場合、傾斜配点により共通テストでは「国語の8点=社会の4点」になるので、「社会苦手やけど国語で挽回しよう」は成立しにくいことになります。

 

 しっかりと受験のことを調べて、確実に対策を練っていきましょう。

 

自身の現状と合格を比べたときに足りない力は何か

f:id:tsbaseba11:20211012142021j:plain

 上で行った分析をもとに、自身の学力と比べてゴールまでどれほどの距離があるのかを冷静に考えましょう。

 

 分析すると大体「絶望感」に駆られますが、その必要はありません。

 

 部活を全力で打ち込んでいた場合、その集中力をもとに夏休み以降びっくりするくらい学力は伸びます。

 

 例えばTSの場合、得意な数学のセンター過去問を部活引退翌々日に解いたところ、1A 2Bあわせて100点を切っていました。

 

 こんなTSでもきちんと勉強した結果、決して簡単ではなかった年の数学でサクッと9割近く取れています。

 

 「絶対に合格してやる」という強い気持ちを持つためにも、しっかり分析しましょう!

 

足りない部分を埋めるためにどんな勉強をどのようにすれば良いか

f:id:tsbaseba11:20211012153424j:plain

 冷静な分析ができれば、各教科の課題が浮き彫りになってくるかと思います。

 

 例えば阪大外語を受験したTSの場合、「セ国で7割程度しか取れなくても当日の配点では7点程度しか失わないことになる。それなら、300点満点の2次英語で高得点を取れるように英語に特化した勉強スケジュールを組もう」といった感じになるわけです。

 

 「やらされている勉強」にならないように、特に予備校に通っている受験生については目標に向けてどんな勉強をする必要があるのかをしっかり考えるようにしましょう。

 

 

これらをしっかり考えることで、勉強に対する姿勢やモチベーションが変わってきます。

 

夏休みの前半までには絶対に1日かけて真剣に考えるようにしましょう。

 

 

では、次に夏休みにやっておくと良い勉強内容を具体的にお伝えします♪( ´▽`)

 

英語

f:id:tsbaseba11:20211012195502j:plain

阪大外語レベルを目指す場合、夏休みは「英検準1級レベル」に確実に到達することを目標にしましょう。

 

高3に入って準1級の対策を始められていたらいいペースですが、この時期は「友達に準1級のどの部分を質問されても教えられる」ことを意識しながら勉強すればいいですよ。

 

家庭教師をしていると、生徒からの質問は設問に対する答えだけではなく、「この段落って結局何が言いたいの?」であったり「ここの文構造ってどうなっているの?」であったり、さらには「分詞構文ってなんで使うん?接続詞使えば良くね?」といった素朴な疑問が飛んでくるわけです。

 

こういった問いにでも的確に回答できるよう、とにかく細かく精読するようにしましょう。

 

また、8月に入ったくらいからは『英文熟考』や『キムタツシリーズ』などを用いて基礎力をベースに応用力までを効率よく身につけていきましょう(具体的な使い方は以下リンクで紹介しています♫)

 

 

数学

f:id:tsbaseba11:20211012195550j:plain

夏休みまでに青チャートをひととおり終わらせたとして、この時期からは『プラチカ』を解いていきましょう。

 

わからない問題だらけで辛くなるかもしれませんが、この時期はまだゆっくり考えて解く余裕があります。

 

青チャートを辞書がわりに使いながら、時間をかけて解いていくようにしましょう!

 

また、数学に限らず志望校の過去問をざっとみて1年分解いてみることも大切です。

 

これによって先の分析がさらに鋭くなり、「どの単元を中心に勉強すればいいか」が見えてきますよ。

 

 

国語

f:id:tsbaseba11:20211012160036j:plain

この教科については、TSとしては「とにかくZ会を使って効率よく勉強する」ことをオススメします。

 

もちろん市販教材を使って独学することもできますが、正直Z会を使った方がTSの経験上確実です。

 

添削課題をうまく使いながら国語力(特に文章力)を磨き上げていきましょう!

 

理科・社会

 2次試験で使う場合(例えば阪大外語で 2次世界史受験の場合)には、そろそろ本格的な勉強を始めましょう。

 

そうでない場合、まだマンガでわかるような参考書や資料集を暇つぶしに眺めるくらいで大丈夫です。

 

この時期もとにかく英数国を鍛えていきましょう!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

このブログは英語ブログであることも影響して英語のスケジュールがどうしても強くなってしまいますが、こんな感じで勉強すれば間違いないです。

 

ただ、このブログでも他のブログでもそうですが、「書いてある内容を鵜呑みにして勉強する」のは「やらされた勉強」になってしまうのでよくありません。

 

参考となる記事や本を読んだうえで自分なりに解釈し、「この部分は参考にするけどここは自分の考えを信じよう!」などと考えて勉強することで飛躍的に学力は伸びます♪( ´▽`)

 

 

ということで、次回は夏休み明けから共通テストまでのスケジュールをお伝えしますね(*´∇`*)

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

受験まで何すればいい?具体的に学ぶオススメのスケジュール(高3基礎力養成期編)

f:id:tsbaseba11:20211004205540p:plain

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

f:id:tsbaseba11:20211015100433j:image

TSのTwitterに寄せられた悩みをもとにスタートした勉強スケジュール紹介シリーズ♫

 

前回高2までの勉強内容やスケジュールを具体的にご紹介したため、今回は高3の基礎力養成期として、夏休みまで(=1学期中)の具体的な勉強スケジュールをご紹介します!

 

なお、前回の記事を読んでいない方は是非下記リンクよりお読みくださいね♪( ´▽`)

enjoyenglishts.com

基礎力養成期

学校の授業ペースや独学のペースによって、高校内容の学習がひととおり終わっている方とまだ終わっていない人とがいるかと思います。

 

どちらの場合でも、高校で習った範囲の基礎力を夏休みまでに徹底的に固めていきましょう。

 

Twitterなどをみていると「この時期に基礎を固めているようではダメでしょ」みたいな意見がありますが、そんなことはありません。

 

共通テストといい国公立・私立受験といい、どんな問題でも基礎力の積み重ねで解ける用に作られています(奇問は解けなくていいので

除く)

 

具体的な学習内容は以下を参考にするといいと思います。

 

 

⚾️英語

 

前回お伝えした内容のペースどおりに進んでいる場合、英検2級レベルまでは達しているかと思います。

 

英検2級を無事取得できた方は、英検準1級の過去問をひたすら解いて可能ならば夏休みまでに取得してしまいましょう!

 

なお、阪大外語を受験する方については大学に入ってから英検準1級を取得するほうがオススメです(英語の授業の単位を取得するための要件の1つとなっているため)

 

なお、まだ英検2級レベルに達していない場合は夏休みまでに過去問をやりこんで必ず取得しておきましょう。

 

勉強だけして2級を受験しないというのもありですが、せっかくなら形にしておいた方がいいと思いますよ😃

 

 

⚾️数学

f:id:tsbaseba11:20211015100453j:image

高2までに青チャートの例題を全て解けるようになっていれば最高のペースです。

 

志望校の入試問題や共通テスト対策は夏休み以降で間に合いますので、この時期は必ず青チャートの例題を何周もするようにしてください。

 

「そんな何周もして意味あるの?」と思う方もいるかと思いますが、例題の下に書いてある解説を丁寧に読むと毎回気づきがあるものです。

 

TSの場合、浪人期に10周くらいしましたが何回読んでも「あ、こんな考え方もあったんや」とか「これってこの考え方でもよくね?」みたいな気づきがありました。

 

国公立受験の方は記述問題が普通だと思うので、「記述で必ず必要なのはどの部分か」を意識しながら、自分の解答を厳しくチェックする習慣をつけながら頑張りましょう。

 

 

⚾️国語

 

先にお伝えしておくと、TSは文系でありながら国語が大の苦手でした。

 

「でした」と書くと「じゃあ今は?」と聞かれそうですが、いまはむしろ国語が好きです(人間変わりますね)

 

受験勉強をしていると「国語なんてセンスだけやろ?苦手やから無理やわ」と感じる人もいるかもしれませんが、正直それも一理あると思います。

 

何をいっているかというと、国語は一朝一夕で伸びる教科ではないので、以下のことを意識して勉強しましょう。

 

「点数が伸ばせそうなら伸ばす、厳しければ漢字とか文法とか最低限の部分を対策する」

 

受験において戦略は大切です。

 

国語ばかり対策して他の教科が伸びなければ元も子もありません。

 

英語や数学とは違い、勉強時間と成果がなかなか比例しない教科なので、ある程度の割り切りは大切です。

 

自身の学力を客観的に評価し、あまり伸びないと判断したなら最低限の勉強にとどめて他の教科を頑張りましょう。

 

 

⚾️理科・社会

 

この時期はまだ本格的に勉強しなくても大丈夫です。

 

「模試の成績が取れないやんか!」という声が聞こえてきそうですが、模試で高得点を取っても志望校に合格できるわけではありません

 

なんだかんだ言って受験の合否を決めるのは国数英です。

 

市販の漫画でわかるような参考書を暇つぶしに読むくらいにとどめ、本格的な勉強はもう少し先にしましょう。

 

 

まとめ

f:id:tsbaseba11:20211015100503j:image

いかがだったでしょうか。

 

夏休みまでの間はとにかく数英の基礎力を固めることを最優先に考え、理科社会は息抜きがてら勉強するようにしましょう。

 

また、国語については自身の学力を評価したうえで必要な勉強を見極め、「全教科合わせて合格点を取る」ことを意識して学習を進めていけばOKです。

 

ただ、一つだけ覚えておいてほしいことがあります。

 

それは、、、「文章力はクッソ大事」ということです。

 

どの教科の問題にしても、結局のところ「日本語を正しく読み取って日本語でわかりやすく表現する」ことが求められているため、普段から「伝わる日本語を書く」ことを意識しましょう。

 

これを書くと、「日本人やねんからそれくらい簡単やろ!」と反抗する人がいますが、そんなことありません。

 

具体的な学校名は言えませんが、とある大学の教授・学生と協力して物事を進めたことがあるのですが(特定を避けるため相当ぼかした表現を使っています)、彼らが提出した報告書を見て本当に驚きました。

 

というのも、日本語がムッチャクチャなのです。

 

平気で「私はりんごが赤い。」みたいな日本語を書いて真顔で提出してくるんです。

 

どれだけ英語力があろうとも、どれだけ数学が得意であろうとも、「私はりんごが赤い。」では合格できません。

 

とにかく、「伝わる日本語・わかりやすい日本語」を意識して普段から文章を書くようにしましょう。

 

 

ただ、「わかりやすい文章をかけ」と言われてもなかなか自身の書いた文章の客観的な評価はむずかしいですよね、、、。

f:id:tsbaseba11:20211015100525j:image

この課題を解決するうえで、高3・浪人期についてはZ会の利用をおすすめします。

 

Z会は一般的に進研ゼミよりレベルが高いと言われていますが、TSが実際に受講した感想としてもやっぱり難しかったです。

 

そのため、高2までは進研ゼミやスタサプを使って基礎の部分をしっかりとかため、高3以降はZ会の添削を利用しながら記述力を高めていくことで効率よくステップアップできるわけです!

 

Z会の問題は志望校やレベルによって分かれているため、資料請求をして自身の学力に合ったコースを受講すればいいですよ♪( ´▽`)

f:id:tsbaseba11:20211015100536j:image

ちなみに、阪大外語を受験する人の場合、国語は「阪大コース」、英語は「京大コース」をとればちょうどいいと思います。

 

外語以外の場合には英語も阪大コースにすることで傾向にあった勉強ができますよ!

 

資料請求は無料なので、下記リンクよりぜひやってみてくださいね(о´∀`о)

 

また、学研プライムゼミ(竹岡さんの授業が受けられます!登録無料)やEEvideo(無料登録だけで使えるアニメ英語などの動画サイト!)については以下で紹介しているのでぜひ使ってみてくださいね(о´∀`о)

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

まとめが長くなってしまい申し訳ありません。

 

夏休み以降のスケジュール感については次回以降2回に分けてお伝えしますね!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

大学受験は映像授業で対策できる!塾に通わずに竹岡広信氏の授業で英語を極めよう♫

f:id:tsbaseba11:20211003185304p:plain

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

 

当ブログでは英語の効率的な学習方法をご紹介していますが、その中で最も紹介しているのが竹岡広信さんです!

f:id:tsbaseba11:20211015101548j:image

竹岡氏の教材は優れたものばかりなのですが、中でも『英文熟考』は超良書です!!!!

enjoyenglishts.com

 

 

当ブログを愛読してくれている受験生の方からも「英文熟考使って英語力が高まった」と感想をいただいているくらい、本当に本当に良書です(別に回し者ではありません笑)

 

今回、そんな竹岡広信さんはじめ予備校界でレジェント級の扱いを受けている講師陣の映像授業が受けられるオンラインサービスを紹介します♪( ´▽`)

 

きっと皆さんご存知ですが、、、その名も、『学研プライムゼミ』です(*´∇`*)

 

とても有名なオンライン授業サービスなので知っている方も多いと思います。

 

ここでは、学研プライムゼミの素晴らしい部分をご紹介しますね!

 

オンライン型のため部活との両立可能!

塾には大きく分けて「通塾型」と「オンライン型」があり、名前のとおり、『学研プライムゼミ』は後者に該当します。

 

通塾型は否応なく授業に集中できる点、時間割に沿って学習することからメリハリをつけて学習できる点が大きなメリットである一方、通塾に時間がかかる点、また、コロナ禍においては新型コロナウイルス感染症に罹患する可能性が高まってしまう点がデメリットとしてあげられます。

 

これに対し、オンライン型授業では受講者のやる気や姿勢によって学習成果が大きく変わってしまうデメリットはあるものの、自分のペースで学習できるうえ、得意分野は早送り・苦手分野は繰り返し視聴するなど、自身の学習に応じて学習に強弱をつけられるという大きなメリットが存在します!

 

また、先述のとおり、コロナ禍において余計なリスクを負わなくていい点もメリットとして認められますよね♫

 

レベルに合った内容を受講可能!

f:id:tsbaseba11:20211015101735j:image

『学研プライムゼミ』では受講者のレベルや志望校に合わせた授業を受けられる点もオススメの理由です!

 

というのも、難関大対策講座や大学入学共通テスト講座はもちろん、苦手をピンポイントで攻略できる分野別対策講座などラインナップが豊富!

 

高3・浪人生の大学受験対策としてはもちろん、高1・高2の定期テスト対策(=内申点対策)としても使えるとってもコスパ○なサービスなんですよ!

 

講師陣が超豪華!

f:id:tsbaseba11:20211015101744j:image

また、冒頭でも触れたとおり、『学研プライムゼミ』では予備校界を牽引するスーパースタの授業を受けられるという素晴らしいメリットが(*´∇`*)

 

英文熟考やドラゴンイングリッシュでお馴染みの竹岡広信さん、マドンナ古文で有名な荻野文子など、「通塾型の予備校」ではなかなか受けられない講師による授業が自分のペースで何度でも受講できるんですよ!!

 

気になるのは費用、、、

これだけのサービスなので利用にはかなりの金額がかかる、、、

f:id:tsbaseba11:20211015101825j:image

とお思いのあなた!!

 

なんと、『学研プライムゼミ』は映像授業界でも相当低価格に設定されています!!

 

例えばですが、竹岡広信さんによる東大英語特訓授業の場合、90分×5回の授業を1万円台で受講できるんです!!

 

 

低価格が故にメイン塾として利用している人も、予備校にプラスアルファで使っている人も多いこのサービス。

 

無料の会員登録をするだけで体験授業を受講することができるため、興味があれば以下リンクよりタダで会員登録してみてくださいな♪( ´▽`)

 

また、「ネット情報だけではよくわからんな」という方のために、資料請求制度もございます♪

 

資料請求ももちろん無料なので、少しでも気になったらぜひ取り寄せてみてくださいね(о´∀`о)

 

 

いかがだったでしょうか。

 

前回ご紹介した映像授業もそうですが、こんな素晴らしいサービスがTS受験生時代にあればもっと効率よくできたのかな、、、

enjoyenglishts.com

 

と思わずにはいられないサービスです、、、泣

 

 

少しでも興味があれば、ぜひお試しくださいね(*´∇`*)

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました!!

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

受験まで何すればいい?具体的に学ぶオススメのスケジュール(高校1年生〜高校2年生編)

f:id:tsbaseba11:20210929191621p:plain

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

阪大外語はもちろん、難関国公立の英語に立ち向かうための具体的な勉強法は以前ご紹介しました。

よろしければ下記リンクよりご確認くださいね!随時更新しています

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

 

TwitterのフォロワーさんからDMでいただいた質問を読んでいると、「どの時期に何をやればいいのか?」といった疑問を抱えている人が多いのかなという印象です。

 

確かに自身の受験勉強を振り返ってみても、宅浪であることもあり「この勉強でいいのかな?今の時期にこんなことしていていいのかな?」といった疑問に日々襲われていた記憶があります、、、。

f:id:tsbaseba11:20211015102819j:image

ということで、TSの経験を踏まえて「現役で合格するための具体的なスケジュール」を以下のとおり5回に分けてご紹介します♪( ´▽`)

 

①高校1年生〜高校2年生編

②基礎力養成期編(〜夏休み前)

③高3夏休み編

④受験本番期編(〜共通テスト)

⑤国公立特訓期編(〜2次試験)

 

なお、ここでは阪大外語レベルを想定していますが、阪大レベルまででしたらここでの内容を参考にしてもらえるかと思います

 

「お前浪人してるやんけ!」といったツッコミは受け付けませんのでご了承くださいね(о´∀`о)笑

 

では、高2までの勉強スケジュールをざっとみていきましょう!

 

 

高校1年生〜高校2年生

f:id:tsbaseba11:20211015102828j:image

いきなり幅がありますね(笑)

 

個人の経験から言っても、この時期の勉強は「全教科ある程度頑張る」といった方針が大切かと思います。

 

もちろん副教科は受験に関係ありませんが、生きていく上で必要なので頑張りましょう。

 

 

メイン5教科については学校の授業をベースに学習を進めていけばいいかと思いますが、「復習」よりかは「予習」にフォーカスを当てることをオススメします。

 

例えば数学の場合、授業を聞いて初めて2次関数を理解するのと予め予習したうえで授業を聞くのとでは理解に雲泥の差があります。

 

また、「毎日復習しよう」と思っても部活が終わって帰宅しご飯を食べてお風呂に入ったら寝るのが人間の性というものです笑

 

日々の授業を大切にするためにも、できる限り「予習」をするようにしましょう。

 

 

ちなみにですが、TSは高校時代硬式野球部に所属していたため正直クッソ忙しかったです。

 

そんなTSでも阪大に入れたのは、予習に関して進研ゼミ様のお力を拝借できたからに他なりません。

 

今はスタディサプリなどという神アプリもありますよね、羨ましい限りです。

 

両方とも受講料は多少かかってしまいますが、独学での予習はなかなか大変なので積極的に使ってほしいです。

 

以下にリンクを貼っておきますので、是非積極的に資料請求等してみてくださいね(о´∀`о)

 

《進研ゼミ》

《スタディサプリ》

 

この時期のメイン5教科の具体的な勉強内容は、以下をベースにするといいと思います!

 

英語

f:id:tsbaseba11:20211015102858j:image

高1で英検準2級、高2で2級の取得を目標に勉強を進めればものすごくいいペースになります。

以下を参考に勉強してみましょう!

 

文法

⚾️ロイヤル英文法を使って文法を理解する

→線を引いたり気がついたことを書き込むことが大切です!

 ロイヤル英文法は一生の付き合いになるので、とにかく使い込みましょう!

 

⚾️英検の過去問を解く

→英検2級までは文法問題が出題されます。

 ロイヤル英文法で調べながら過去問を解いて文法力を養いましょう!

 

長文・単語

⚾️英検の過去問を解く

→10回分くらい解いてしっかり復習すると最高の勉強になります。

 問題を解く時点では、段落ごとの内容を理解して簡単にメモを取るようにしましょう。

 これによって総合的な英語力はもちろん、日常生活での要約力も鍛えられます!

 また、復習の際には1文1文をしっかり分析(=精読)し、「友だちに授業ができる」レベルまで読み込みましょう。

 

リスニング

⚾️英検のリスニング問題を解いて音読する

→これだけでびっくりするくらい英語耳が鍛えられます!

 音声データをしっかり聞いて発音を覚え、音声に合わせて聞こえたとおりに発音するようにしましょう!

 発音の知識は学校ではあまり習いませんが、英語を勉強するうえではしっかりやった方がいいです!

 

 ちなみに、現在は2ヶ月で発音力を鍛えられる通学型・オンライン型の英会話スクールも存在します。

 発音を制するものが英語を制するといっても過言ではないため、高2までにやっておくとめちゃくちゃ楽になりますよ。

 『ハツオン』という英会話スクールがオススメなので、よかったら下記リンクよりカウンセリングを受けてみてくださいな♪( ´▽`)

 

数学

学校のテストをペースメーカーにしつつ、青チャートの例題(ページ上の問題)を使って予習・復習を進めればOK。

理想としては、進研ゼミやスタサプを使って予習段階である程度理解し、授業で復習できれば完ぺき!

そうすればわからない部分もすぐに質問できるので、忙しくても効率よく学習できます♫

 

国語

f:id:tsbaseba11:20211015102909j:image

現代文、古文、漢文に分けることができますが、学校の授業内容をしっかり理解することが大切です。

数学と同じにはなりますが、TSは進研ゼミで教科書の予習をしたうえで授業を聞く習慣だけは崩さないように意識していました。

ここでも進研ゼミやスタサプが大活躍しますよ!

 

 

理科・社会

正直にお伝えすると、共通テストレベルなら高3からで十分間に合います(なんなら1週間でも8割程度なら狙えます)

よっぽど好きな場合を除いて、高2までの間は国数英に力を入れ、理科社会は授業内容を覚える程度にとどめておいて問題ないですよ。

あまり早くにやりすぎても受験期に忘れてしまうので、、、笑

 

 

いかがだったでしょうか。

 

要するに、高2までは進研ゼミやスタサプが大活躍します(今更ながら進研ゼミの資料請求は無料なので是非どうぞ)

《進研ゼミ》

《スタディサプリ》

 

もちろん塾に通う人もいるかと思いますが、高2までは進研ゼミなどを有効活用しつつ自習する流れで十分力をつけることができますよ。

 

高3になったら嫌でも勉強するので、せっかくなら高2までは部活や趣味に全力投球すればいいと思います!

 

ということで、次回は高3夏休みまでの勉強スケジュールを見ていこうと思います。

 

質問や感想があればどしどしお寄せくださいね♪( ´▽`)

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村