阪大外語卒TSが教える!楽しく合格る英語学習法♬

阪大に独学で合格した経験をもとに、英語の学習法についてお伝えします!

高校入試の英語で点を稼ごう!中学生の正しい英語学習法〜自由英作文編〜

f:id:tsbaseba11:20210813171656p:plain

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

今回は、シリーズ第3弾として自由英作文の正しい勉強法をお話しします!

なお、中学生レベルの和文英訳は文法の知識があれば対応できるので、英文法編で紹介した内容を参考に勉強してくださいね♪( ´▽`) 

enjoyenglishts.com

enjoyenglishts.com

 

 

最初に、高校入試でよく問われる自由英作文について簡単にお話しします。

 

都道府県にもよりますが、一般的にはテーマを与えられたうえで30語〜60語程度で作文を書くパターンが多いのではないでしょうか?

f:id:tsbaseba11:20211015115054j:image

テーマとしては「留学生に日本のいいところを紹介してください」や「あなたの好きなスポーツとその理由をまとめてください」など、考えやすいものが多いので書く内容に苦しむことはあまりないかと思います。

 

また、自由英作文と聞くとその場で英文をイチから考えて書くイメージを持つかもしれませんが、高校入試の場合、使える表現をストックしたうえで作文の型を固定してしまうことでかなりの場合対応することができるのであまり身構えなくて大丈夫です♪( ´▽`)

 

では、具体的な勉強法をご紹介しますね!

 

【自由英作文の勉強法】

①常日頃から使える表現をストックする

学校の授業や問題集で出てきた表現やイディオムの中で使えそうなものをストックするようにします。

 

この際、単語数を稼げる表現を覚えておくと単語が少ない/多い時に調整できるようになるのでオススメです♪

 

例は以下に挙げておきますが、こういった表現をまとめて試験当日に組み合わせることで簡単に書けるようになります!

 

《使える表現の例》

⚾️be looking forward to -ing 「ーを楽しみにしている」

 

⚾️be good at -ing 「ーが得意だ」

 

⚾️like = be fond of -ing 「ーが好きだ」

 

⚾️many(可算)/much(不可算) = a lot of - 「多くの」

 ※可算/不可算で悩むのも勿体ないのでa lot of -を使った方が無難

 

②英文法をしっかり勉強し、ケアレスミスをしないよう常日頃から気をつける

いくら自由英作文の勉強をしようとも、文法がしっかりしていなければ時間の無駄です。

 

英文法編でご紹介した内容やテキストをもとに基礎の部分を固めるようにしましょう!

 

③自由英作文の問題を解き、しっかり復習する

文法を固め、使える表現をある程度ストックした後は問題演習を通して力をつけていきましょう

 

この際、書いた英文をすぐに添削してもらうのではなく、「表現が合っているか」「スペルミスはないか」「もっと簡単に書けないか」などをしっかり考え、辞書や参考書を用いて自分で一度添削をしたうえで先生や友達に見てもらうようにしましょう!

 

オススメ教材

日常の予習や定期テスト、各都道府県毎の入試対策の教材としては進研ゼミもかなりオススメです!

f:id:tsbaseba11:20211015115135j:image

TS自身も中学生・高校生のときは進研ゼミをやっていたのですが、教科書に準拠した教材テスト対策問題集、また、志望校や受講者のレベルに合わせた受験対策参考書を使って勉強することができたため、本当に重宝しました!

 

学校の定期テストは進研ゼミの問題集と学校のプリントやノート、教科書だけで平均95点を超えていたため、ぜひとも利用してみてほしいです♪( ´▽`)

 

また、受験期には各都道府県毎に合わせた教材(TSの場合は大阪府)が届くため、志望校にピッタリあった問題を出る順に学習することができ大変役に立ちました♪

 

以下リンクから簡単に資料請求をすることが可能です(もちろん無料ですよ♫)

 

ぜひ一度資料を取り寄せて、進研ゼミの素晴らしさを味わってみてください!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

最後に、自由英作文を書くときに意識してほしいことをお伝えします。

 

それは、、、《簡単な英語を使ってミスなく書く》です!

f:id:tsbaseba11:20211015115159j:image

英語が得意な人ほど難しい表現や単語を使おうとしてミスをしてしまい減点される傾向があります。

 

内容点もあるものの、高校入試では「正しい英語をかけているか」見られることが多いので、自信を持って書ける英語を使いましょう

 

もちろん、書ける内容であればウソをついても構いません(これは東大入試でも認められたことです)

 

本当は7人制ラグビーが好きでも、英語で書けなければ野球好きってことにして書きましょう。

 

次回は、シリーズ最終回としてリスニングの正しい勉強法をお話ししますね。

 

今日もブログご覧いただき、ありがとうございました♪( ´▽`)

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村