阪大外語卒TSが教える!楽しく合格る英語学習法♬

阪大に独学で合格した経験をもとに、英語の学習法についてお伝えします!

《TSの英語教室》関係代名詞で省略可能なのは目的語だけ?関係代名詞を楽しく理解しよう♫

f:id:tsbaseba11:20210928210117p:plain

こんにちは、阪大外語卒のTSです!

 

早速ですが、みなさんは関係代名詞が得意ですか?

TSの家庭教師経験上、中学生・高校生で関係代名詞が得意な人はあまりおらず、むしろ苦手な人の方が圧倒的に多いのではないかと感じています。

また、「関係代名詞は得意やで!」と感じている人でも平気で以下のような文章を書いてしまったりしがちなのですよね、、、。

*I read the book which I really wanted to buy it.

f:id:tsbaseba11:20211015102933j:image

関係代名詞は高校受験、大学受験はもちろん、TOEICや英検などでも頻出です!!

また、英文を正しく理解していくうえで避けて通ることができない分野です!!

ということで、関係代名詞を基本から応用までのんびり楽しくみていきましょう(о´∀`о)

 

関係代名詞とは?

f:id:tsbaseba11:20211015102957j:image

まずはそもそも関係代名詞とは何かを簡単にみていきましょう。

ある程度理解されている方の場合、ここは読み飛ばしてもらってOKですよ♪

学校の教科書や文法書では、一般的に以下のように説明されています。

 

*関係代名詞とは人の場合はwho、ものの場合はwhichを使い、先行詞を修飾する文法事項である。

 

はい、分かりにくいですよね(笑)

ということで、関係代名詞は以下のように理解してください!

 

①まずは2つの文章を作成しよう!

The boy is Tom.

He is famous all over the world.

 

②同じ意味を表す単語を四角で囲おう!

The boy is Tom.

He is famous all over the world.

※ここでは四角でなく下線を引いて同じ意味の単語を表しています。

※TomやTokyoなどのような固有名詞は一般的に関係代名詞を用いて説明できません。どうしても説明したい場合には固有名詞の後ろにコンマをつけてください。

 

③四角で囲った単語のうち、具体的でない方を関係代名詞に置き換えよう!

The boy is Tom.

who is famous all over the world.

 

④関係代名詞に置き換えたほうの文章を、具体的な方の単語(=先行詞)の直後に挿入しよう!

The boy who is famous all over the world is Tom.

※Tomを説明したい場合は以下のような文になります。

The boy is Tom, who is famous all over the world.

 

⑤「訳せ!」と言われたら、2文の意味を参考に訳出しよう!

その少年はトムです。彼は世界中で有名です。

→世界中で有名なその少年はトムです。

※訳出問題でない場合は前から理解してOKです!

例)その少年、彼は世界中で有名やねん、そいつはトムやで。

 

はい、簡単に説明するとこんな感じです。

下に例題をつけておくので上の説明を参考に解いてみてくださいな♪( ´▽`)

 

(1)I go to the park. It has many trees.

 

(2)The book is written by Murakami. Everyone in the class want to buy it.

 

 

関係代名詞who/which/thatの使い分けは?

f:id:tsbaseba11:20211015103006j:image

一般的に、参考書では以下のように整理されています。

*人→who、もの→which、オールマイティ→that

※ the only, the bestなどがつく場合にはwho/whichよりthatを使う方が普通

 

まああってるっちゃあってるんですけど、厳密には違うのですよね。

大まかには上の理解でOKですが、人でもwhoを使えないような事例があります。

以下の例文を見てください。

 

⚾️He is not the man that (*who) he was when I first met him.

 「彼は私が初めて会ったときの彼ではない(彼変わっちまったなってことです)」

 ※アスタリスク(*)は非文(=間違い)であることを意味します。

 

この文章で先行詞はthe manのため、whoが使えそうに感じるかと思います。

しかし、この文章のようにある人物の過去と現在を比べるような文章で関係代名詞を使う場合、whoは使用できず、thatを用いる必要があります。

考え方としては色々あるかと思いますが、whoは先行詞の人間まるごとをイメージさせる関係代名詞と考えてみましょう。

過去の彼と現在の彼には被っている部分が30%、残り70%がすっかり変わってしまったため、現在の彼と過去の彼は丸ごと一緒ではありませんよね。

このため、whoではなくthatを用いると考えるといいのではないでしょうか(若干無理矢理感がありますが、、、)

 

関係代名詞の省略は目的語だけなの?

f:id:tsbaseba11:20211015103016j:image

これについても、一般的には「目的語のみ省略可能」と説明されています。

大学受験まではこれでも通用するっちゃしますが、せっかくなので正しく理解しましょう。

関係代名詞の省略は、以下のように理解してください!

 

⚾️関係代名詞は、直後にSVが続く場合には省略することができる

 

これだけではよくわからないと思いますので、いくつか例をみてみましょう。

 

(1-1) I bought the book (which/that) she likes.

     「彼女が好きな本を買った」

(1-2)I bought the book  which is famous all over the world.

     「世界中で有名な本を買った」

 

1-1では、関係代名詞のあとにSVが続いているため省略可能です。

一方、1-2では関係代名詞の後にSがないですよね?このため、省略不可能です。

 

(2)He is not the man (that/*who) he was when I first met him.

     「彼かわちまった」

 

上でもみた例文ですが、関係代名詞の直後にhe wasとSVが来ていますよね?

このため、関係代名詞は省略可能です(о´∀`о)

「関係代名詞がbe動詞の補語の場合省略可能」と言い換えることも可能ですが、ややこしいので「SVが続くと省略可能」でOKです♫

 

(3)She is the woman (who) I think can play tennis well.

     「彼女は私が思うにテニスが上手な女性だ」

 

連鎖関係代名詞節というややこしい文章ですが、関係代名詞の直後にI thinkとSVが来ているので省略できます!

このように、主格の関係代名詞でも省略可能な場合があるのは面白いですね😃

ちなみに、この文章は元の形に戻すと以下のような形になりますよ(*´∇`*)

   She is the woman. I think she can play tennis well.

 

(4)Take every chance (that) there is!

     「存在するあらゆる機会を利用しなさい!」

 

これも関係代名詞のあとにSVが続いているため省略可能です。

なお、there be構文のthereについては、主格(S)と解釈する節と副詞(adv.)と解釈する説がありますが、ここでは前者とみなしています。

ちなみに、there be構文は従来第1文型に含めての指導が一般的でしたが、最近では含めない考え方が広まってきています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

関係代名詞は本当に奥が深いですが、しっかり理解すれば得点源になります!

また、英作文やメールでもよく使う文法事項なので、是非とも頑張って定着させましょう😃

 

関係代名詞などの文法を効率よく学習するうえでは、映像授業なども上手に取り入れるといいですよ!

おすすめどころは定番の『スタディサプリ』ですかね♪( ´▽`)

f:id:tsbaseba11:20211015103032j:image

小学生〜高校生まで各教科対応しているので、受験対策はもちろん・日々の勉強にも役立ちます♪

また、テキストを無料でダウンロードすることが可能なので、映像とテキストを併用して受講すれば学力アップ間違いなしです!

これだけのサービスでありながら、月額はたったの1,980円!!驚きです(*⁰▿⁰*)

TSが家庭教師をしていた頃は1.5時間の授業を4,000円でおこなっていたことを考えると、プロの授業がこの値段でいつでも受けられるのは本当にすごいですね!!

下記リンクより資料請求や利用登録が可能なので、成績をあげたい人は是非試してくださいね(о´∀`о)

 

TSの英語教室については書きたいネタが溜まっているので今後も更新していきます!

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

 

読者登録はこちらから♪( ´▽`)

ポチッと応援よろしくお願いします(о´∀`о)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村